セルライト…

セルライトというワードが今時テレビや雑誌などでよく取り上げられるようになりました。このセルライトとはどういうものなのでしょうか。脂肪の塊というのがセルライトの本来の意味です。血の巡りが悪くなると、皮膚の下の脂肪細胞の新陳代謝が衰えて脂肪細胞が肥大化します。セルライトはこの脂肪細胞と老廃物が絡み合ってできたものです。脂肪部分に厚みができてきて素膚の表面がデコボコしてきます。それがセルライトのできた証拠です。「オレンジピールスキン」と呼ばれる、皮膚の表面がオレンジの皮のように見えるぐらいに症状が悪化することもあります。ただし皮膚の表面がデコボコしてくるのは、セルライトの症状が悪化してきてからです。一見何もないように見えて、実はセルライトが生成されていることがありますので用心が必要です。普通のダイエットをするだけでは、セルライトの解体はできません。きちんとしたセルライト除去のための対策をしなければなりません。セルライトは女性に多いのが特徴です。女性のだいたい80%くらいの人はセルライトがあるといわれていて、とくに皮下脂肪の多い太ももやふくらはぎ、お尻などの部分にできやすいといわれています。また、お腹や顔にできるセルライトもあることがわかり、最近話題になっているそうです。血の巡りが悪くなると発生しやすいので、運動不足になりがちな成人女性にできやすいといわれます。セルライトを防ぐためにも日頃の運動不足を解消するようにしたいものです。

おからクッキーを作るなら…

おからダイエットクッキーは、原材料が違う他は一般的のクッキー作りとほとんど変わりませんが、より美味しく作るための要点をおさえることで美味しさがアップします。風情をよくするためには、おからの水分をよく飛ばしてから使いましょう。フライパンで炒り飛ばすか、ラップをかけずに電子レンジにかけておからの水分を飛ばします。砂糖やバターなどを混ぜ込む時は一気に加えず、微量ずつ混ぜながら加えます。均一に混ぜることが大事なので、少しずつ少しずつ足していきます。これらの原材料に小麦粉を足す時も少しずつ入れます。小麦粉は練りすぎると粘りが出るので、ヘラなどで切るようにさっくりと混ぜます。フードプロセッサーやバーミックスを利用しておからクッキーを作ることもできます。幾らかだけ作りたい時にはおすすめです。手軽に作れる方法として、ビニール袋に材料を全て入れてよく混ぜて生地を作ることもできます。ビニール袋を用いて材料を混ぜ合わせると手が汚れませんが、均一になりにくいので注意をしましょう。生地作りの手順は手早く行いましょう。人間の手のぬくもりで生地の温度が上がり、バターが溶け出してくるおそれがあります。前に作った時の室温や材料を覚えておき、改良を加えていくことで自分の好きなタイプのクッキーを常に作り続けることができるはずです。失敗しても経験を次に生かすことで、より美味しいおからダイエットクッキーのレシピが完成することでしょう。