メタボからの脱出

メタボリックシンドロームになると動脈硬化が進んでいることがあり、それに自身ではまったく気がつかないことがほとんどです。ここでは動脈硬化についてご紹介します。これはメタボリックシンドローム方策のひとつとして肝要なものです。中性脂肪が多い人はほぼ全員血液がドロドロしています。なぜなら内臓脂肪が蓄積されることで中性脂肪が増え、善玉コレステロールが少ない状態だと血液の流れが悪くなるからです。メタボリックシンドロームをそのままにしておくと次のような危険性があります。それは血液がドロドロになって動脈硬化が進行することにより、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞の原因となることです。動脈硬化が主な素因で一時的に血液が心臓に送られない状態が狭心症です。心筋梗塞というのは心臓に酸素と栄養が行き渡らなくなっておこります。それは血管に血の塊が詰まり(血栓)血液の流れが止まってしまうのが原因です。脳梗塞というのは脳細胞に血液が流れなくなる状態のことをいいます。脳の血管に血栓ができることでおこります。メタボリックシンドロームにより動脈硬化が進行すると、このような疾患の原因となることがあるので気をつけなければなりません。これらの脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などは生命に関わる病気です。この動脈硬化は様々なメタボリックシンドロームの中で一番恐ろしく気をつけなければならないものだと言えます。ついつい軽く考えて、ちょっとくらい中性脂肪が多くても自分は大丈夫などと考えてしまいます。しかし様々な条件と重なり、メタボリックシンドロームを発症することでこれらの疾患の危険性が高くなるので気をつけなくてはなりません。健康診断などで動脈硬化の危険性が判明した場合は、日々の生活からメタボリックシンドロームの対策をするようにしましょう。まずは生活習慣の改善をしてメタボリックシンドロームと決別し血液サラサラを目指しましょう。

部分痩せマッサージ

部分やせをするためには、エステサロンでも行われるように、揉み療治をすることも有効です。フェイスやせには、エクササイズでも行われるように、まず顔の表情筋を鍛えることが大切であることが、普通のダイエットとは違うところです。もうひとつ顔の部分やせするために重要なのが顔のむくみをとることで、そのためにはリンパマッサージが効果があります。顔には、その表面にたくさんのリンパ液が流れているのです。顔のまわりのリンパ液の流れが滞ると、顔に余計な水分がとどまってしまい、それが顔にむくみを作ってしまうことになるのです。そんな症候を防ぐためにリンパマッサージを行うと、リンパ液の流れが滑かになります。部分やせでも特に人気のある足やせでは、まずはむくみをなくすために水分代謝をよくするツボを刺激したり、流れがスムーズでなくなったリンパをマーっサージして老廃物が流れるようにします。また足のラインを整えていくために、脂肪組織や筋肉をもみほぐしていくことで移動させる手段があります。足の中でも特に太ももの場合は、やせるのがなかなかむずかしく、部分やせの結果を簡単に出すことができないということは忘れてはなりません。また二の腕に対しても、筋肉をほぐし、リンパ液の流れをスムーズにするマッサージで部分痩せへとつなげていきます。このようなマッサージを続けていると、部分やせするだけでなく、コリがほぐれたり疲れが取れたりもするので、体にはよいことだらけです。専門のエステでしっかりマッサージしてもらうもよし、自分で研究して実践してみるもよし、またエステで間違いないマッサージをしてもらった後、自分でもケアを続けるというのもいいかもしれません。